先輩社員からのメッセージ07

07

管理本部  2018年入社 稲垣 亮祐 INAGAKI RYOSUKE

常に正しい取引を念頭に、社内外からより信頼される管理業務をめざしたい

ワイ・ヨットに入社した動機を教えてください。

入社に際して、一つだけ決めていたことは、面接を通して対応いただいた面接官の「人となり」で決めようと思っていました。面接でワイ・ヨットの業務や社内体制などについてとても丁寧にご説明いただき印象深かったことを覚えています。その後ワイ・ヨットが自分に合っているのではないか、また業務でも様々なことが経験できるのではないかと前向きに考えられるようになり入社を決めました。

仕事内容を教えてください。

まず、経理部門では仕入先への支払いと得意先からの入金に対しての照合作業や請求書の作成を行っています。また、法務部門では契約書の確認や作成、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)/PMS(個人情報保護マネジメントシステム)の管理・運営を行っております。どちらの業務も表に出ることはありませんが、共に仕入先や得意先との基本となる信頼関係を築き、維持していく大切な業務と認識しております。

入社して一番嬉しかった仕事内容を教えてください。

入社当初、ISMS/PMSに触れることが初めてだったいうこともあり、内容をなかなか理解することができず、上司や外部の担当者の話を聞くことが精いっぱいでした。毎日業務を進めるうち内容も徐々に理解できるようになり、今では年に1回行われる審査やその準備に関しても自分で率先して動けるようになったことが一番嬉しかったです。

ワイ・ヨットだからできることは何か教えてください。

当社は仕入先が多岐にわたるため、少なからず仕入先の方とも接点を持つことができ、仕入先の主力商品やお薦め商品も知る機会が増えていきます。入社前であれば、特に気も止めなかったものでも当社が扱っている商品とわかれば使ってみようと思い、実際使ってみるとそれまで知らなかった会社の商品でも機能的で使い心地がよいこともあり、今後自分でも購入することになるであろう対象商品の選択肢が増えるようになりました。このように身近の商品が当社にはたくさんあり、色々な物を知ることができ、それらを販売できるのは強みだと思います。

将来の夢について教えてください。

業務は経理や法務に関係するものなので正確にできて当たり前ですが、当社と取引との間に起こる課題について、 「あの人なら」とすぐに頭に浮かんでもらえるような担当者になりたいです。
また、そうなるためにいろいろなことにチャレンジをして知識を得て経験をし、人間としての幅も広げていきたいと考えています。