kimura soapキムラセッケン

kimura soap
キムラセッケン

油脂から脂肪酸を切り離し石けんにしていく鹸化という作業を、大正13年(1924年)の創業以来、受け継いできた釜焚き製法で行っています。気温・湿度など環境の影響を受ける鹸化の具合を、職人が五感を澄ませ、舌で確かめ品質の安定を図ります。また経験に裏打ちされた職人の技と勘が、洗浄力の決め手となるアルカリ性の強弱をコントロール。人と自然にやさしい洗剤づくりを実現する伝統の製法です。