KIHARAキハラ

KIHARA
キハラ

1616年、日本ではじめて磁器生産を始めた有田。伝統的な有田焼をモダンにアレンジしたKIHARAは、「和」を再発見する品々をたくさん生み出しています。和と洋が混在する今様の日本家庭で用いる使い手の手に馴染む器。