himenosakuヒメノサク

himenosaku
ヒメノサク

大阪八尾市で大正13年より、一枚ずつ職人の手によって打ち出されたアルミ鍋。1本の槌で打ち出すことにより鍋が叩き締められ、軽さはそのままに、とても頑丈になります。模様かと見間違えるほど整然と打ち込まれた槌目はまさに職人技。「使い手と一生付き合える製品」という工房の目標・願いをもって作り続けています。